天台宗の葬儀のマナーについて

備えておきたいものではなくても葬儀に関するマナーは大切です

葬儀というのは人が存在している以上、必ず行われる故人のために行われる最後の儀式です。
最後の儀式ではありますが、故人が属している宗教があれば、宗派に基づいた葬儀が執り行われることになり、宗派によってはタブーとなっているものなどもあるので、失礼なことをしてしまうことがないようにきちんとした知識を持っておく、ということは大切なのです。

天台宗の葬儀のマナーについて

日本の葬儀の源であると考えられているのが天台宗の葬儀です。
天台宗においては故人には大乗仏教の修行者である菩薩になるための円頓戒(えんどんかい)が授けられる、というのが大きな特徴の一つです。
天台宗の葬儀では、多くの方が戸惑うことも多い焼香に特別な定めはありません。
親指と人差し指、中指で抹香をつかみ、左手をそえていただき、香炉にくべる、という動作を1度行います。
基本的な仏教式の葬儀で行われる焼香を1度、と覚えておくとよいでしょう。
故人の一切の罪障を消滅させ、浄土へ往生する功徳があるとされる光明真言で加持を行う「光明供」を行い、それから法要の功徳が成仏に役立つことを願う随法回向を唱える、という流れで故人を菩薩とし、家族とは縁をきり出家する、という考え方で故人の法要を行うのだそうです。

流れも違ってきますが、そもそも「どうして、何のために葬儀を執り行うのか」という考え方が宗派によって大きく異なってくることも覚えておくとよいでしょう。

最新記事

  • 備えておきたいものではなくても葬儀に関するマナーは大切です 葬儀というのは人が存在している以上、必ず行われる故 …

    天台宗の葬儀のマナーについて

  • 葬儀参列のマナーは積極的に学びたくなくても知っておく必要はあります 結婚式のようなお祝い事ではありませんから、 …

    日蓮宗の葬儀のマナーについて