日蓮宗の葬儀のマナーについて

葬儀参列のマナーは積極的に学びたくなくても知っておく必要はあります

結婚式のようなお祝い事ではありませんから、参加する時のことを考えてマナーを知っておこう!!と積極的に調べたりということができる方は少ないと思います。
ですが人というのはいつかは亡くなってしまうもの。そして別れの時は突然にやってきてしまうことが多いものですから、出来れば社会人になったなら一般常識のマナーの一つとして完璧ではなくてもすこし知識を持っておくと安心です。
宗派によっても葬儀の流れやマナーはことなりますから、ここでは日蓮宗の葬儀のマナーについて触れておこうと思います。

日蓮宗の葬儀のマナーについて

葬儀についての考え方は宗派によって異なる信仰によって違いが生まれています。
日蓮宗においては久遠実成の仏を釈尊ととらえ、死者を霊山浄土に導くために行うのが葬儀である、という考え方で進められます。
葬儀において最も重要なのは「引導」という儀式であるとされていて、焼香については3度焚くのが正式とされています。
右手の親指と人差し指で抹香をつまみ、左手を添えて恭しくいただき、香炉にくべる、ということを繰り返しますが在家信者は1度でもよいとされています。
火葬場に出発する際には「出棺式」がおこなわれ火葬中と拾骨中は僧侶によるお経やお題目、回向文があります。
遺骨が家に戻ったときにも短い法要を行うスタイルで葬儀が執り行われることが一般的なようです。